こんぺい陶での焼き方には、酸化と還元焼成の他に、炭化焼成があります。釉薬を掛けずに、作品と炭を一緒にサヤ鉢と言う鉢(これも作ってます)に入れて密閉して焼くと赤い土は黒く、白い土はグレーになります。備前焼のような雰囲気になり、カッコいいです!私は実際にビールカップで使っていますが、泡立ちがきめ細かく口当たりが良くなるんです。また、釉薬を掛けた花瓶やガラスの花瓶よりもお花が長持ちします。これは焼き締めることで、土の多孔質という性質が水を腐りにくくさせているからなのです。まだやったことが無いという方は、色々な焼き方を実際にやってみてくださいね。釉薬を掛けると、また色々に変化するので興味はつきません。画像はちょうど焼き上がった所、燃えかすの炭があるの分かります?

元のページへもどる